ただいま整理中。
Blogspot (Blogger?) に移行しました!
タイムライン | 技術系 | TIPS | ライフハック系 | その他 | 左記カテゴリ以外は、右の欄の下のタグクラウドへ!
.

2014年03月10日

Mac OSX 10.9 (Mavericks) で 日本語入力可能な日本語化された Gimp 最新版 (2.8.10) を使うには

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

Mac の Gimp 最新版 (2.8.10) の日本語入力と日本語化

日本語化したGimp最新版で日本語入力

2014-05-11追記: エラーが出てしまう (日本語) ヘルプを利用可能にするには「Mac の GIMP 2.8.10 のヘルプを使えるようにするには」をごらんください。あと、本記事でSourceForge版と言っていたのは、より正しくは LisaNet版 (Gimp on OS X) でした。SourceForge には、LisaNet版のGimp on OS X と GIMP本家版のGIMP.app の 2 つのプロジェクトがあります。

Mac OSX Mavericks (10.9.X) の GIMP の最新の 2.8 系統は、日本語版のパッケージではいろいろと致命的な不具合があっていい評価が得られていない (たとえば、キーボード入力がショートカットとみなされてしまうとか) みたいだ。中でも、日本語入力ができないのは非常にツラい: 具体的には、SourceForge.jp の Gimp on OS X プロジェクトからダウンロードした LisaNet 版 のもの (Gimp-2.8.10p2-Mavericks.dmg) は、メニューが日本語化されているものの、日本語入力ができない。このためワークアラウンドとして、コピペやテキストファイルからの読み込みをしなければ ならない。非常にストレスフルだ! 一方で、GIMP本家 (gimp.org) のもの (gimp-2.8.10-dmg-1.dmg) は、日本語入力はできるものの、日本語化されていない……。

そ こで、これらの問題を解決する方法として、日本語入力ができる GIMP 本家版をベースに、これを日本語化する方法を説明する。これにより、テキストファイルから文字列をコピペするなんていうまだるっこしいことをしなくて 済み、ごくごく普通に日本語を入力できる GIMP が使えるようになります!!

概要としては、(1) ロケールデータのコピーと (2) 起動スクリプトの修正である。

基本手順

  1. GIMP本家にある gimp-2.8.10-dmg-1.dmg とLisaNet版Gimp on OS X にある Gimp-2.8.10p2-Mavericks.dmg の両方の .dmg ファイルを、ダウンロードする (LisaNet版の方は、あとで日本語データだけ使います)
  2. GIMP本家の gimp-2.8.10-dmg-1.dmg から GIMP.app をインストールする
    • あなたの Mac の /Applications フォルダにコピーですね。
  3. LisaNet版の ja ロケールのデータをインストール済みの GIMP.app にコピペする (後述)
  4. 起動スクリプトのバグを直す
    • ロケールの判定にバグがありますので直します (後述)。

LisaNet版Gimp の ja ロケールデータのコピー

  1. LisaNet版の .dmg ファイルから、Gimp.app の中身を開く (右クリック>パッケージの内容を表示)
  2. 基本手順2.でインストール済みのGIMP本家版 /Applications/GIMP.app の中身を開く
  3. LisaNet版の ja ロケールを、インストール済みの GIMP.app へとコピーする
    • コピー元: /Volumes/Gimp\ 2.8.10p2\ Mavericks/Gimp.app/Contents/Resources/share/locale/ja
    • コピー先: /Applications/GIMP.app/Contents/Resources/share/locale/ の下に ja をペーストします。

GUI (Finder など) でコピペしても、CUI (ターミナル.app, iTerm2.app など) で cp してもどちらでも構いません。

起動スクリプトの修正

ロケールの判定にバグがあるので、修正が必要です。

  1. /Applications/GIMP.app の中身を開く (右クリック>パッケージの内容を表示)
  2. /Applications/GIMP.app/Contents/MacOS/ にある GIMP というファイルを適当なテキストエディタ (vim, emacs, nano など) で開く
  3. 92行目辺り、I18NDIR=〜の上にある APP=name を APP="gimp20" にしてください。

修正前

92: APP=name

修正後

92: APP="gimp20"

これで、日本語化されかつ日本語が入力できる GIMP 2.8.10 が使えます。

あ、日本語名のフォントは、「ツールオプション」にある、アイコン[Aa]を押すか、フォント欄でフォント名を入力するか、からしか、設定できないみたい。

まとめ

  • Mavericks (OSX 10.9.X) 環境において、日本語にローカライズされ、かつごく普通に日本語入力できる Gimp 2.8.10 の導入方法を示した
  • 方法は、GIMP本家版バイナリを元に、LisaNet版Gimp on OS Xバイナリに含まれる ja ロケールデータをコピーし、起動スクリプトがそれを認識するよう修正する、というアプローチを取った


posted by もふもふ at 02:23 | ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ: TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

[TIPS]Markdown で ふりがな
カテゴリ: TIPS | タグ: テキスト 装飾 HTML5 markdown tips

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

[TIPS] Markdown で ふりがな (ルビ) を使うには

ものすごくニッチなニーズかもしれないけども、Markdown でふりがなを振りたいとき、どうすればいいか?

いちおう、Markdown では、HTML も書けることになっております。

だから:

<ruby><rb>振仮名</rb><rp>《</rp><rt>ふりがな</rt><rp>》</rp></ruby>

というふうに書けば、《》振仮名ふりがな と表示される。

って、あれ。Seesaa だと何故か表示されないみたい。まぁ、ふつうに Markdown が書けるところならできると思うので、試してみてください。

ヽ(*´∀`*)ノ

posted by もふもふ at 00:57 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

VBAUnit の OOo Basic への移植

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

LBAUnit::Helper

VBAUnit (.NET版) を、OOo Basic に移植しようとしてみた。正確には、OpenOffice ではなく LibreOffice にだけども。

LBAUnit-Helper

ところが、OOo Basic には、Eval がそもそもないらしい。 おぉ、なんてこった! なので断念した。

ユニットテスト (一般に xUnit) のフレームワークを作るには、その言語にはメタプログラミングの機能が必要とされる。

メタプログラミングには:

  • eval
  • self
  • lambda

といった機能を言語レベルでサポートしていることが望ましい。とくに、ひとつめの Eval は必須。

ところが、OOo Basic (OpenOffice.org Basic) は、これらのどれもサポートしてないんだな。まぁ、Python や Java, JavaScript でやってくれという話なんだろう……。

いちおう、OOo Basic にも TypeName() といった関数や MRI などリフレクション/イントロスペクションの拡張機能はあるにはあるのだけど、Eval がないとどうにもならない; 例えば、テストケースやメソッドを集めて実行する、という部分には、「コードを書くコード」「コードを実行するコード」を Basic がサポートしている必要がある。

クラスやインタフェースの定義、インスタンス変数、プロパティ、オブジェクトの生成をBasicのみでできることは、確認できたのだけどね……。

なので、あきらめた _(」 L、ソ、)_。

assert関数 と結果表示をするヘルパー関数は作ったので、まぁ、なんかに使えると思ったら使ってください (xba 形式でエクスポートしてあります):

posted by もふもふ at 22:37 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

Seesaa ブログを Markdown 記法で書くには: Markdown Here を利用する方法

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

必要とされる準備は以下のとおり:必要とされる準備は以下のとおり:

  1. Seesaa ブログの設定で、リッチテキストエディタの有効化
  2. Firefox のアドオン: Markdown Here のインストール

試した環境は、Mac OS X Mavericks + Firefox 26.0 です。

ちなみにここで紹介する方法は、Seesaa 以外でも適用することができ、かつまたもっともカンタンな方法だと思います。また、Markdown Here アドオンはトグルする機能を提供する拡張機能であるため、Markdown ⇔ HTML 双方向の変換はいつでもできます。

1. リッチテキストエディタを有効にする

  • Seesa BLOG 管理画面で、設定>詳細設定から、ブログ設定 を選択する
  • 設定項目の リッチテキストエディタ (上から14項目目くらいにあるラジオボタン) を 利用する の方をチェックする
  • 一番下の保存ボタンをクリックする

くわしくは、こちらから。

2. Markdown Here をインストールする

Markdown Here のHP から、インストールできます。なお、Markdown Here は、Firefox 以外にも、主要なブラウザには対応している模様です。

使い方

準備1., 2. をした上での書き方は、以下のとおりです:

  • 新規投稿などで、textarea にてきとうに Markdown で書く
  • 変換したいドキュメントの部分 テキストエリアを、選択する (テキスト全体が一括で変換されます)
  • 右クリックではなく、Firefox の URI バーの右端のところに表示されている Markdown Here のアイコン (☆の右にある、紫色のばってんっぽいもの) Markdown Here のアイコンをクリックする
    • →選択部分が、変換される
  • めでたしめでたし

まとめ

  • Markdown Here アドオンを利用した、カンタンで応用性の高い、Markdown 記法の利用方法を示した。
  • この手法により、Seesaa ブログを Markdown 記法でカンタンに書くことが可能となる。
  • この記事自体も、この記事で紹介した手法で書かれている。

References

posted by もふもふ at 00:51 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

test

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

test.

  • MacVim 7.4, バージョンアップしてから調子が悪かったが、:NeoBundleCheck したら、neocomplcache を再インストールしてくれた。
posted by もふもふ at 23:23 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Ruby] case 文は、一番最初にぶち当たった条件だけが発火する
カテゴリ: つぶやき日記 | タグ: ruby

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

ついつい忘れがちなんでメモ。

    >> def foo( x )
    >>   case
    ?>     when x > 2
    >>       puts "cond 1."
    >>     when x > 4
    >>       puts "cond 2."
    >>   end
    >> end
    => nil
    >> foo( 1 )
    => nil
    >> foo( 3 )
    cond 1.
    => nil
    >> foo( 4 )
    cond 1.
    => nil
    >> foo( 5 )
    cond 1.
    => nil

cond 1. しか呼ばれない、ということで。

タグ:ruby
posted by もふもふ at 22:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

Hash と values_atメソッド
カテゴリ: つぶやき日記 | タグ: ruby

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
Ruby 小ネタ。 こ〜んな Hash があるとするじゃろ:
>> h = { a: 1, b: 2 }
=> {:a=>1, :b=>2}
これをこうして……
>> h[:a]
=> 1
となる。 こうすると……
>> h[:a, :b]
ArgumentError: wrong number of arguments (2 for 1)
ArgumentError じゃ。 ところが、 values_at を使えば
>> h.values_at(:a, :b)
=> [1, 2]
Hash に複数のキーを指定して、複数の値をいっぺんに取り出せるわけじゃ。 []が、はじめからこういう書き方も許してくれても、よさそうなもんだが。
タグ:ruby
posted by もふもふ at 01:43 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

Web サービスのテスティング技法

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)』を読んでて知ったのですが、 Sauce Labs って、テスティングのためのクラウド・サービスが、あるんですね。 いろんなブラウザのテストができるらしい。こいつはすごい。システム・レベルのテストと言えば、 Selenium くらいしか、しらなんだ。
posted by もふもふ at 03:37 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

ZenBack を一時取り外し

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
トップページにアクセスした際、 ZenBack がブラクラ並の動作を指定たので、一時外してます。 関連リンクを延々と表示し続け、くっそ重くなってしまうというもの。 【追記】どうやら、ZenBack の埋め込み位置が悪さをしていたらしい。デザイン中の「フッタ」に埋め込むようにしたら、改善された。
posted by もふもふ at 04:17 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Memo]private メソッドへのアクセス
カテゴリ: 技術 | タグ: メタプログラミング ruby

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
Ruby は、クラスのメソッドのデフォルトのアクセス制限が、 public なんだけど、ほっとくと public ばかりになってしまう。そこで整理のためにアクセス制限をしたいとなると、テスト容易性 (testability) に差し障る。 まぁ、そういった場合は send を使えばいいのだけど。
>> class Foo
>> private
>> def foo; p "foo"; end
>> end
=> nil
>> n=Foo.new
=> #
>> n.foo
NoMethodError: private method `foo' called for #
	from (irb):6
	from /Users/honyarara/.rbenv/versions/2.0.0-p247/bin/irb:12:in `'
>> n.send(:foo)
"foo"
=> "foo"
C++だったら、ここらへんどうあつかったらいいのかな。。。『メタプログラミングRuby』は、オブジェクトモデルを骨子に据えて、 Ruby におけるメタプログラミングのデザインパターンを、シナリオ風に提起したもので、とてもよかったです。
posted by もふもふ at 03:26 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トラックバックURLは,"Trackback(x)"のリンクを押すと表示されます.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。