ただいま整理中。
Blogspot (Blogger?) に移行しました!
タイムライン | 技術系 | TIPS | ライフハック系 | その他 | 左記カテゴリ以外は、右の欄の下のタグクラウドへ!
.

2014年05月13日

Ruby OptionParser クラスのリファレンス
カテゴリ: 技術 | タグ: Getopt optparse OptionParser ruby

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

ruby 2.0.0-p247 環境で、ri OptionParser | col -bx したものの日本語訳です。

以前 (2008年3月16日)、Ruby: OptionParser (optparse.rb) の使い方 にて、OptionParser の記事を書きましたが、もっと完全なドキュメントが身近にありました。OptionParser のすべての機能について網羅した、こちらの説明のほうがよいでしょう。

もっとよむ


posted by もふもふ at 16:26 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

LLVM Overview 日本語訳
カテゴリ: 技術 | タグ: clang LLVM

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

原文は、Chris Lattner さんによりメンテされている LLVM HP: The LLVM Compiler Infrastructure Project です。

もっとよむ
タグ:clang LLVM
posted by もふもふ at 20:28 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

Mac の Gimp 2.8.10 でヘルプを使えるようにするには

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

概要

前回、「Mac OSX 10.9 (Mavericks) で 日本語入力可能な日本語化された Gimp 最新版 (2.8.10) を使うには」 にて、 Mac OS X 10.9.x (Mavericks) にインストールした GIMP 2.8.10 は、エラーによりヘルプドキュメントが見れない状態であることがわかった。そこで本記事では、GIMP の使用している GTK に MimeType の設定を行うことにより、(日本語) ヘルプドキュメントを使用できるようにする。これにより、パッチあてやコンパイルなしに、Mac 用の GIMP 2.8.10 で、以下のようなヘルプメニューを使えるようになる: GIMP のヘルプメニューの ヘルプ (Help)F1 をおした時の状況適応ヘルプ (Context Help)今日の技 (Tip of the day)。付録として解析したときのログも掲載した。

この手法は日本語以外の外国語においても有効なはずである。(This solution must be available in any foreign languages other than japanese.)

もっとよむ
posted by もふもふ at 12:55 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac の GIMP 2.8.10 でヘルプを見れるようにするには (付録)

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

追記が長すぎるとSeesaaブログにおこられてしまうので、別記事にしました。
本文は、Mac の GIMP 2.8.10 でヘルプを見れるようにするには を参照してください。

もっとよむ
posted by もふもふ at 12:08 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

プログラミング言語関連ドキュメントまとめ
カテゴリ: まとめ | タグ: scheme Lisp

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

プログラミング言語というか、ソフトウェア工学の範疇の歴史的ドキュメントを、このエントリにまとめていこうと思います。

書籍も入れようかなぁ……
これは入れるべき!というのがあったら、コメントしていただけたら幸です。

もっとよむ
タグ:scheme Lisp
posted by もふもふ at 08:00 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

Seesaaブログで管理人のコメントをつけるとき

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

そうそう、Seesaa ブログで、管理人としてコメントを返したいときの話。

以前、管理者でログインできているときは、管理者マークが出てた気がしてどうしたのかな、と思っていたのだけど、今は、コメントは承認後に表示にしていたのだった。

承認後に表示なら、管理者を偽った時は承認しなければいいわけで、管理者マークが出ないのはそのせいだよね。きっと。

ちょっと気になったのでした。

posted by もふもふ at 09:44 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: つぶやき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

Ruby関連HTML/Webスクレイピング・ライブラリまとめ 2014年版
カテゴリ: 技術 | タグ: ruby スクレイピング まとめ

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

2014年5月時点で、HTML/Webスクレイピングに使える Ruby 関連のライブラリたちについて、前回 (2010年) のまとめとの差分とともに、概要をまとめた。各々のライブラリの特徴と入手先、HP、インストール方法、ライセンスなどについて簡単に説明している。

今回扱っているのは、nokogiri, Mechanize, Selenium-webdriver, Capybara-webkit, poltergeist の 5 つ。Ruby 以外にも、PhantomJS, Yahoo!Pipes, ScraperWiki, kimono についても取り上げた。

一覧をまとめたのち、比較と評価、おすすめの用途について簡潔に述べる。

もっとよむ
posted by もふもふ at 14:02 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

Mac のターミナルの Bash に単語単位カーソル移動のキーバインド設定をする
カテゴリ: TIPS | タグ: 単語 移動 カーソル Bash OSX Mac

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

以前 Linux を使っていたとき bash で Alt+f/Alt+b でカーソル移動できて便利でした。そこで「Mac のコンソール上でも、Bash で単語単位のカーソル移動のキーバインド設定をしたい」と思いました。調べた結果、ターミナルの設定により可能なことがわかりました。以下、この設定方法について説明します。対象とするターミナル・ソフトは、iTerm2 と Terminal です。

Background

最初に調べたところ、[bash のデフォルトの設定で、M-f/M-b (M- は Metaキーのことで実際は ESC キーを押せばいい) で動くことになっている][1]。だけども ESC はさすがにやや押しにくいので、Opt+f (Opt は Mac 純正のキーボードなら option キー。USB で Win 互換のキーボードを使用しているなら Alt キーに同じ) とかにしたい。

[1]: “BASH(1), Reading Key Bindings”

はじめ、man bash したりぐぐったりしていたら、方法はあることがわかった (stty, bind コマンドを使う、もしくは .inputrc に書く)。この方法に従って、bind コマンドで、bash の設定である backward-word, forward-word に対応するキー・シーケンスを変えてみることを試みた。だけど、どうもうまくいかない。

どうやら、ターミナル・ソフト (Terminal.app や iTerm2.app) の方で、キー入力を食ってしまっていたことがわかった。

なので、結論としては、ここではターミナル・ソフトの設定が必要ということになりました。こちらのほうが、カンタンかも。

iTerm2 の場合の設定方法

コンソールでキーを入力している時に、Opt+f が押された時に、Send ^[ f (ESC に続いて f を送出) するよう、ターミナルソフトを設定してやればいい。

iTerm2 の場合、以下のように行う:

  1. メニューの iTerm > Preferences... を選択する
  2. Preferences ウィンドウが出るので、 Keys ボタン (上段に配置されている General, Appearance, Profiles, Keys, Pointer, Arrangements の 6 つのボタンの中の右から 3 番目) を押す。
  3. メインペインの右側ペインに Global Shortcut Keys が表示される。
    この中の追加 ([+]) ボタン (Global Shortcut Keys の一番下にある3つのボタンの一番左) を押す
  4. メインペインに、ぺろっとウィンドウが出現する。
    ここにはKeybord Shortcut 入力欄と Action の選択リストがある。
    Action のリストは最初 Ignore になっているから、Send Escape Sequence (たくさん
    表示される項目のうち、一番下から 6 番目) に変更する
  5. そうするとぺろっと出ているウィンドウの中身に ESC+という入力欄が増える。
    この中に、f と入力する
  6. Keyboard Shortcut の入力欄で、設定したいキー・シーケンスを入力する: Opt+f

この設定で、Opt+f を入力すると Esc+f が送出され、Bash のデフォの設定により forward-word のコマンドが実行される。

Opt+b の設定も同様にして、Opt+b が押された時に、Send ^[ b するようにしてやればいい。

Terminal.app の場合の設定方法

Mac OSX のデフォルトのターミナルソフト: Terminal.app (ターミナル.app) の場合は、次のようにして、「メタキーとして option キーを使用」チェックを入れるだけでよい。

  1. Terminal.app 起動後、メニューのターミナル > 環境設定... を選択する
  2. 設定ウィンドウが表示される。上段の設定を押下する
  3. メインペインの右側ペイン上段、キーボードを押下
  4. すると、キーとアクションの一覧が表示されるが、このときリストの下にある「メタキーとして option キーを使用」のチェックボックスを、チェックする

これだけ。

まとめ

  • Mac の Bash で、単語単位のカーソル移動を Opt+f, Opt+b で行うように設定できた
  • コンソール利用時の単語単位カーソル移動を、Bash の設定でなく、ターミナル側の設定で行う方法を示した
  • ターミナル・ソフトは、iTerm2.app と Terminal.app (ターミナル.app) を対象とした
  • Bash の設定追加は一切ない

References

posted by もふもふ at 04:58 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

[TIPS] Markdown でセンタリングしたい
カテゴリ: TIPS | タグ: tips HTML5 装飾 wiki markdown

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

[TIPS] Markdown でセンタリングしたい

Markdown でふりがなを振りたい」に続いて、Markdown で右寄せ左寄せ中寄せ (センタリング) したいときは、どうすればいいか? (以下、レンダラは marked.js で動作確認した例です。)

いちおう、Markdown では、HTML も書けることになっております (タグによっては、Web 上のエディタで弾いてしまうこともあるので、ややこしいですが)。

だから:

## <div style="text-align: center;">Centered Title</div>

<div style="text-align: center;">a centered statement.</div>

と書けば、

Centered Title
a centered statement.

というふうにセンタリングされます。右寄せしたいときは center の部分を right、左寄せしたいときは left などとしてあげればよろしい。

ヽ(*´∀`*)ノ

posted by もふもふ at 05:07 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

PukiWiki からのデータ移行のシンプルな方法
カテゴリ: 技術 | タグ: 移行 markdown PukiWiki 変換

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

PukiWiki から Markdown への変換

昨年 (2013年)、XP で運用していたマシンが壊れまして。それ以降、XP上のローカルサーバで長年運用してきた PukiWiki から、他のシステムにリプレイスすることを考えてました。

Wiki 以外の方法もなにかないかと、他の方法の模索をしてきたのだけど、やっぱり、Wiki はいいなと思います。

また一方で、ここ最近は Markdown も便利だと感じてました。Markdown そのものは、Wiki (CMS) ではなく、単なるドキュメントの書式でしかないのだけれども、最近は、JavaScript で書かれた Markdown レンダラーがある。こいつを使えば、Markdown でローカル Wiki みたいなことはできるんじゃないか・・ということを考えた。

で、とりあえず PukiWiki のデータを、なんとか他のシステムに移しやすい形にしたいなと。見てみたところ、

  • PukiWiki のデータはテキストファイル (xxxx.txt) で、ひとつのディレクトリにフラットに格納される (pukiwiki/wiki/)
  • ファイル名は、EUC コード (16進数) をそのまま文字列にしたもの。スラッシュなんかの記号を含んだものになる。
  • ファイルの中身は、EUC-JP で、PukiWiki形式で記述されている。(これは、設定にもよるのかも)

ということがわかった。

PukiWiki のデータを OSX 上の HFS+ に展開する

変換するに手っ取り早い方法は、テキストファイルで表現されているデータ構造とデータを、ファイルシステム上に展開してしまう、というものです。

今使っているのは Mac なので、以下のことを考えました:

  • 元のファイル名は見にくいので、デコードして、UTF-8形式で通常の文字列として表す
    • HFS+で使用できない特殊な記号が使用されていた場合は、必要に応じてなんらかのエスケープ処理をする
    • ただし、半角スラッシュの場合は、ディレクトリを掘る (HFS+ の仕様と上記仕様からくる制限)
  • ファイルの内容は、EUC-JP から UTF-8 に、漢字コードを変換する
  • PukiWiki 記法から、Markdown か MediaWiki の形式にする
  • 検索システムは、grep か mdfind を使えばいい

ということを、考えました。

ディレクトリを掘るのは、やっぱフラットに数千ファイルあると、みるのが辛いからです。。。

スクリプト

既存のスクリプトがないか、けっこう探してみたのですが、どうも見当たらない……ぜったい誰か作ってるはずなのに……。まぁ、PukiWiki 自体がもう10年近くリリース止まってますしね。

仕方ない。ということで、Ruby で以下のようなものを作りました:

  • pw2hfs.rb (変換スクリプト本体)
  • nf-pw2md.rb (PukiWiki形式→Markdown形式変換フィルタ)

はじめは MediaWiki 形式にしようかと思いましたが、めんどくさいのでやめました。PukiWiki->Markdown変換は、適当です (一行一行の正規表現マッチングと置換)。あと、スクリプト内で、OSX に入っている iconv コマンドを使ってます。

使い方は、2つのスクリプトを、pukiwiki のデータの格納してあるディレクトリの一つ上において、結果出力用のディレクトリ dst/ を作ってから、pw2hfs.rb を実行します。しばらく待つと、dst/ 以下に、変換したものができます。

この結果と、Invisible.js かなにかを、組み合わせようと思ってます。Wiki の記法 (特に、Markdown 中での、ページ名のリンク ―スクウェア・ブラケットで2重に囲むアレ) 対応は、JavaScript 側でやったほうがいいかな……。

それでは。

posted by もふもふ at 06:10 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トラックバックURLは,"Trackback(x)"のリンクを押すと表示されます.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。