ただいま整理中。
Blogspot (Blogger?) に移行しました!
タイムライン | 技術系 | TIPS | ライフハック系 | その他 | 左記カテゴリ以外は、右の欄の下のタグクラウドへ!
.

2014年05月19日

brew のバージョンに関する部分のソースを読んでみた
カテゴリ: 技術 | タグ: 定数 String ruby

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

前回の記事 を書くにあたって CLT のバージョンの調べ方について調査し、パッケージ管理ツールのひとつである Homebrew による CLT バージョンの取得方法について、github のソースを探索したときのログです。

String#[/re/], extend を使ったモジュールのメソッド定義、定数のエイリアスといった、ちょっとおもしろい記述方法を見つけました。

もっとよむ


タグ:定数 String ruby
posted by もふもふ at 17:58 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

Ruby OptionParser クラスのリファレンス
カテゴリ: 技術 | タグ: Getopt optparse OptionParser ruby

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

ruby 2.0.0-p247 環境で、ri OptionParser | col -bx したものの日本語訳です。

以前 (2008年3月16日)、Ruby: OptionParser (optparse.rb) の使い方 にて、OptionParser の記事を書きましたが、もっと完全なドキュメントが身近にありました。OptionParser のすべての機能について網羅した、こちらの説明のほうがよいでしょう。

もっとよむ
posted by もふもふ at 16:26 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

LLVM Overview 日本語訳
カテゴリ: 技術 | タグ: clang LLVM

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

原文は、Chris Lattner さんによりメンテされている LLVM HP: The LLVM Compiler Infrastructure Project です。

もっとよむ
タグ:clang LLVM
posted by もふもふ at 20:28 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

Mac の Gimp 2.8.10 でヘルプを使えるようにするには

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

概要

前回、「Mac OSX 10.9 (Mavericks) で 日本語入力可能な日本語化された Gimp 最新版 (2.8.10) を使うには」 にて、 Mac OS X 10.9.x (Mavericks) にインストールした GIMP 2.8.10 は、エラーによりヘルプドキュメントが見れない状態であることがわかった。そこで本記事では、GIMP の使用している GTK に MimeType の設定を行うことにより、(日本語) ヘルプドキュメントを使用できるようにする。これにより、パッチあてやコンパイルなしに、Mac 用の GIMP 2.8.10 で、以下のようなヘルプメニューを使えるようになる: GIMP のヘルプメニューの ヘルプ (Help)F1 をおした時の状況適応ヘルプ (Context Help)今日の技 (Tip of the day)。付録として解析したときのログも掲載した。

この手法は日本語以外の外国語においても有効なはずである。(This solution must be available in any foreign languages other than japanese.)

もっとよむ
posted by もふもふ at 12:55 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac の GIMP 2.8.10 でヘルプを見れるようにするには (付録)

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

追記が長すぎるとSeesaaブログにおこられてしまうので、別記事にしました。
本文は、Mac の GIMP 2.8.10 でヘルプを見れるようにするには を参照してください。

もっとよむ
posted by もふもふ at 12:08 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

Ruby関連HTML/Webスクレイピング・ライブラリまとめ 2014年版
カテゴリ: 技術 | タグ: ruby スクレイピング まとめ

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

2014年5月時点で、HTML/Webスクレイピングに使える Ruby 関連のライブラリたちについて、前回 (2010年) のまとめとの差分とともに、概要をまとめた。各々のライブラリの特徴と入手先、HP、インストール方法、ライセンスなどについて簡単に説明している。

今回扱っているのは、nokogiri, Mechanize, Selenium-webdriver, Capybara-webkit, poltergeist の 5 つ。Ruby 以外にも、PhantomJS, Yahoo!Pipes, ScraperWiki, kimono についても取り上げた。

一覧をまとめたのち、比較と評価、おすすめの用途について簡潔に述べる。

もっとよむ
posted by もふもふ at 14:02 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

PukiWiki からのデータ移行のシンプルな方法
カテゴリ: 技術 | タグ: 移行 markdown PukiWiki 変換

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

PukiWiki から Markdown への変換

昨年 (2013年)、XP で運用していたマシンが壊れまして。それ以降、XP上のローカルサーバで長年運用してきた PukiWiki から、他のシステムにリプレイスすることを考えてました。

Wiki 以外の方法もなにかないかと、他の方法の模索をしてきたのだけど、やっぱり、Wiki はいいなと思います。

また一方で、ここ最近は Markdown も便利だと感じてました。Markdown そのものは、Wiki (CMS) ではなく、単なるドキュメントの書式でしかないのだけれども、最近は、JavaScript で書かれた Markdown レンダラーがある。こいつを使えば、Markdown でローカル Wiki みたいなことはできるんじゃないか・・ということを考えた。

で、とりあえず PukiWiki のデータを、なんとか他のシステムに移しやすい形にしたいなと。見てみたところ、

  • PukiWiki のデータはテキストファイル (xxxx.txt) で、ひとつのディレクトリにフラットに格納される (pukiwiki/wiki/)
  • ファイル名は、EUC コード (16進数) をそのまま文字列にしたもの。スラッシュなんかの記号を含んだものになる。
  • ファイルの中身は、EUC-JP で、PukiWiki形式で記述されている。(これは、設定にもよるのかも)

ということがわかった。

PukiWiki のデータを OSX 上の HFS+ に展開する

変換するに手っ取り早い方法は、テキストファイルで表現されているデータ構造とデータを、ファイルシステム上に展開してしまう、というものです。

今使っているのは Mac なので、以下のことを考えました:

  • 元のファイル名は見にくいので、デコードして、UTF-8形式で通常の文字列として表す
    • HFS+で使用できない特殊な記号が使用されていた場合は、必要に応じてなんらかのエスケープ処理をする
    • ただし、半角スラッシュの場合は、ディレクトリを掘る (HFS+ の仕様と上記仕様からくる制限)
  • ファイルの内容は、EUC-JP から UTF-8 に、漢字コードを変換する
  • PukiWiki 記法から、Markdown か MediaWiki の形式にする
  • 検索システムは、grep か mdfind を使えばいい

ということを、考えました。

ディレクトリを掘るのは、やっぱフラットに数千ファイルあると、みるのが辛いからです。。。

スクリプト

既存のスクリプトがないか、けっこう探してみたのですが、どうも見当たらない……ぜったい誰か作ってるはずなのに……。まぁ、PukiWiki 自体がもう10年近くリリース止まってますしね。

仕方ない。ということで、Ruby で以下のようなものを作りました:

  • pw2hfs.rb (変換スクリプト本体)
  • nf-pw2md.rb (PukiWiki形式→Markdown形式変換フィルタ)

はじめは MediaWiki 形式にしようかと思いましたが、めんどくさいのでやめました。PukiWiki->Markdown変換は、適当です (一行一行の正規表現マッチングと置換)。あと、スクリプト内で、OSX に入っている iconv コマンドを使ってます。

使い方は、2つのスクリプトを、pukiwiki のデータの格納してあるディレクトリの一つ上において、結果出力用のディレクトリ dst/ を作ってから、pw2hfs.rb を実行します。しばらく待つと、dst/ 以下に、変換したものができます。

この結果と、Invisible.js かなにかを、組み合わせようと思ってます。Wiki の記法 (特に、Markdown 中での、ページ名のリンク ―スクウェア・ブラケットで2重に囲むアレ) 対応は、JavaScript 側でやったほうがいいかな……。

それでは。

posted by もふもふ at 06:10 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

[Memo]private メソッドへのアクセス
カテゴリ: 技術 | タグ: メタプログラミング ruby

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
Ruby は、クラスのメソッドのデフォルトのアクセス制限が、 public なんだけど、ほっとくと public ばかりになってしまう。そこで整理のためにアクセス制限をしたいとなると、テスト容易性 (testability) に差し障る。 まぁ、そういった場合は send を使えばいいのだけど。
>> class Foo
>> private
>> def foo; p "foo"; end
>> end
=> nil
>> n=Foo.new
=> #
>> n.foo
NoMethodError: private method `foo' called for #
	from (irb):6
	from /Users/honyarara/.rbenv/versions/2.0.0-p247/bin/irb:12:in `'
>> n.send(:foo)
"foo"
=> "foo"
C++だったら、ここらへんどうあつかったらいいのかな。。。『メタプログラミングRuby』は、オブジェクトモデルを骨子に据えて、 Ruby におけるメタプログラミングのデザインパターンを、シナリオ風に提起したもので、とてもよかったです。
posted by もふもふ at 03:26 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

Cドライブ空き容量枯渇にともなう既存 XP システムの移行の方法

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

■Abstract

XPで構築したシステムの移行を行った。移行の目的は、空き領域がほとんど無くなってしまったCドライブを救済することであった。また作業コストの観点から、OSの再インストール等なしに、すなわち構築してある既存のシステムを再構築することなしにそのまま移行をさせる方法を採った。

移行の実作業は、システムのベース(Cドライブ)を、旧式(Primary IDE Slave, 120 GB)から、新式(Serial ATA, 500 GB)のハードディスクへと、移し替えることであった。この手法として、KNOPPIX 6.4.4 CD日本語版の環境で dd コマンドと GParted を利用した方法を用いた。

現在はシステム移行は完了し、問題なく快適に使用できている。

■重要な注意

 
  • このエントリで述べられていることを実施するには、 OS やディスクに関する基本的な知識、また Linux の基本的な理解を必要とします
  • ここに述べられていることを利用してあなたが損害を被ったとしても、当方は、いかなる責任も取ることはできません。
  もっとよむ
posted by もふもふ at 16:49 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

[Excel][VBA]COUNTIF関数を複数条件で使うには?
カテゴリ: 技術 | タグ: EXCEL COUNTIF 関数 複数条件 VBA

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

■背景と問題点

以前のエントリで、COUNTIF関数によるORで結合された複数条件を扱う方法を紹介した。しかし、この方法だと場合によっては以下のような不具合がある:

  • 条件を満たすセルの数を、二重にカウントしてしまう
  • AND条件については触れていない
 

また、この問題をググってみても、どうもこれといって、分かりやすい解法が載っているサイトを見つけることはできない(2011年3月現在); 多くのサイトでは、SUMPRODUCT関数、COUNTIFS関数(Excel 2007以降)を使った方法が紹介されているが、この方法では、AND条件しか、指定することができない。

上述の以前のエントリは、本ブログに挙げて以来、継続的にアクセスがある。 COUNTIF関数で複数条件を扱うのに困っている人は、多そうだ。

この問題は、根本的には、COUNTIF関数の第2の引数である検索条件の記述の不自由さに由来するものと、考える。なぜならば(ヘルプ・ドキュメントによれば、検索条件には「式」を書くことが出来ることになっているが、実際には)、検索条件には、「TRUEもしくはFALSEを返す、2項限定の(論理)式」しか、指定 することが出来ないからだ。

そこで、上記の問題点を踏まえ、今回のエントリでは

  • 以前のエントリのように、二重にカウントすることはない
  • ブーリアン演算の指定、すなわち:
    • 条件指定は、AND条件・OR条件どちらも同時に使用可能
    • 条件項目は、いくつでも可能
  • VBAマクロは使用せず、既存の関数のみの単純な方法
であるような、一般化したCOUNTIF関数で複数条件を扱う方法を、紹介する。   もっとよむ
posted by もふもふ at 04:49 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

[Ruby]配列とハッシュ

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
インデックス、値、変換
配列の値(要素)から、そのインデックスを得る方法を探していたのだが、当初、見つからなかった。
このため、配列を、一旦、ハッシュに変換してから、処理しようと試みた。しかし、Rubyでは、配列でもハッシュでも、要素から(インデックス|キー)を引くのは、同じ方法(indexメソッド)であることが分かったorz

以下は、配列の場合である。もっとよむ
posted by もふもふ at 19:16 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

[Cygwin][Ruby]ファイル・システム OR gemの振る舞い(環境?)がおかしくなった?

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
正確には、当該現象は今は発生していない;原因はわからないが、LoadErrorを発生することなく元通りに実行されるようになった。

しかし、以前にも(gistyとは別件で)、Cygwin上で同様のふるまい―作業したファイルが元に(?)戻ってしまったように見える現象―を、経験している。よって、ここに忘備として記録を残しておく。もっとよむ
posted by もふもふ at 14:12 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

Ruby の Test::Unit の GUI インターフェイス
カテゴリ: 技術 | タグ: 単体テスト GUI ruby Test::Unit

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

概要


Cygwin 環境で Ruby の単体テストフレームワーク: Test::Unit の GUI インターフェイスを使ってみた。そのところ、必要な gem パッケージのインストールで、問題が生じた。問題は、gem の native extensions のコンパイルに失敗するというものだった。これに対処するため、gem install のオプションとして、--with-opt-include=/usr/include/cairo を指定し、解決した。


以下にこの問題の現象、問題の解析、対処法、結果を述べる。(追記2014-04-24: Markdown で書き直した)


もっとよむ
posted by もふもふ at 12:24 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

gem install の振る舞いふたたび(Rake編)

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
う〜む。。。やっぱり gem install しただけだと、インストールされないようだ。
$ gem install rake
Successfully installed rake-0.8.7
1 gem installed
Installing ri documentation for rake-0.8.7...
Installing RDoc documentation for rake-0.8.7...

$ rake --version
bash: rake: command not found


そこで、
$ DIR=`gem which rake`; cd `dirname $DIR`; cd ..; ruby install.rb
とした。


結果:
$ rake --version
rake, version 0.8.7
よしよし。


でも、そういうものなんだっけ……?


SEE ALSO:
posted by もふもふ at 17:58 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

gem update/install のふるまい?

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
いままで、とくに気にしたことはなかったのだけど、
gem update gemパッケージ
は、実はgemパッケージをダウンロードしてくるだけで、インストールはしない……?もっとよむ
posted by もふもふ at 04:33 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

作図エディタDiaの環境構築

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

この記事を更新しようとしたところ、Seesaaブログの不具合で、レイアウトがくずれてしまいます。
新しい記事を参照してください。



TeX で図を描きたいときにどうしようかと、ドロー系の作図ツールを探していた。TeX と言えば tgif という先入観からそれ系のを探していたが、そういえば Dia があったのだった。Dia はドロー系 (Draw) 作図エディタソフトウェア。検索していたところ、Microsoft Visio とよく比較されているようだ。


posted by もふもふ at 08:04 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

LyX 1.6.0 on TeX Live 2010
カテゴリ: 技術 | タグ: LyX tex 日本語 エディタ WYSIWYG

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
Windows XP環境(今回はCygwinはなし)で、LyX(pLaTeXのGUIフロントエンド)を、
試行していた。ある程度使えることが確認できたので、ここに報告する。

試行したのは、環境のインストールからLyXの機能の確認で、以下のような点:
・LyX環境のインストール(TeX, LyX, GhostScript, GSView)
・LyXで日本語文書の作成とコンパイル、dvi表示
・LyXでフリガナを振る
・LyXでカスタマイズしたデザインの索引・用語集を付ける
・LyXで上記を含んだ文書の親分書・子文書への分割、コンパイル、およびdvi表示
・上記文書のPDF表示、PostScript表示
である。以上で、満足する動作結果を得た。


イントール・環境設定は、主に下記を参考にした:
・TeX Live, LyX, etc
  http://www.int.otaru-uc.ac.jp/lyx-howto/install
 
・GhostScript, GSView
  http://auemath.aichi-edu.ac.jp/~khotta/ghost/

ただし、これらすべての設定において、ディレクトリ名は空白および日本語を含
まないものとしている。(ユーザが設定できる範囲で)。この設定が、本当に不具
合動作に影響しているかは、わからないが。。。

以下は、ほぼ作業ログとメモ書きで、まとまっていない。しかし、うまく行かな
かったときのログも含んでいるので、なにかの役に立つと思う(時間があるとき
に、きれいに纏めたものを書きたい)。

いやはや、、それにしても一応使えるようにはなりましたが。こりゃ、普及しな
いわけだ……日本語で使おうとすると、相当ハマりますね。文字コードは、本当
はutf8で試したかったんだけど、、、誰かやってください。もっとよむ
posted by もふもふ at 07:29 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

LyXの日本語版の試行1
カテゴリ: 技術 | タグ: tex LyX 日本語 jarticle.layout

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

今、色々試してるんだけど、結論から言うと、まだうまく行ってない。 →とりあえず、動くようにはなりました(Jan. 24th, 2011: LyX 1.6.0 on TeX Live 2010)

でも日本語のLyX情報は、とても少ない。失敗の例として、このエントリを上げておく。他にもLyXの導入を試している方がおられたら、リンクを貼ってください。助け合いましょう。

■使用したインストーラ

LyX-168-4-26-AltInstaller-Complete.exe

■不具合概要

 
  1. 日本語の文書のdvi表示ができない。
    1. 英語の文書のdvi表示は、可能である。
  2. babel-japaneseをインストールするためのplatexが、処理できない
 

●推測される原因:

日本語の場合、インストール先のフォルダのパスにスペース、および日本語が含まれていると、上記不具合の原因となる?

●アドホック対処

スペースも日本語も含まないフォルダに、再インストールする。 →これでも、ダメでした。

■上記インストーラでインストールされるもの

●スタート・メニュー内:

 
  1. Ghostgum>GSview 4.9(LyXのアンインストールの途中、アンインストールできる)
  2. JabRef>JabRef 2.6(アンインストーラ有り)
  3. LyX 1.6.8>LyX(アンインストーラ有り)
  4. MiKTeX 2.9>(LyXのアンインストーラによってアンインストールできる)
※Aspellも、LyXのアンインストーラで、選択的アンインストールできる  

●Program Files\ディレクトリ

 
  1. Ghostgum\
  2. JabRef\
  3. LyX 1.6.8\
  4. MiKTeX 2.9\
 

●プログラムの追加と削除

 
  1. Aspell 0.6 Dictionary (Language: en)
  2. Aspell 0.60.4 Data
  3. GSView 4.9
  4. LyX 1.6.8
  5. MiKTeX 2.9
  6. JabRef 2.6
これらは、スタート・メニュー内のアプリのアンインストーラから、削除できる。   もっとよむ
posted by もふもふ at 02:26 | ロンドン ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

Rubyにおける代入・参照・参照渡しと、メソッドの仮引数・ローカル変数・グローバル変数

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。
ひさびさにRubyを触って、思い出すまでハマったのでメモっておく。

「Rubyには参照渡ししかない」とだけ覚えていたことから、生じていた思い込み:

×メソッドの引数を介して、グローバル変数の値は変えられる
これは間違い。  

以下が正しい:

  • 代入演算子= は、参照先を変更する(だけの)ためのものである
  • メソッドは、オブジェクトに対するメッセージである
  • メソッドの機能の一つには、オブジェクト内部のフィールドの値を変更することがある
  • メソッド定義の仮引数は、メソッドのスコープのローカル変数である
 

実験

以下のようなt_f, t_f2, t_f3 のメソッドがあるとする:

irb(main):022:0> def t_f( a )
irb(main):023:1>  a='t_f'
irb(main):024:1> end
=> nil

irb(main):029:0> def t_f2( a )
irb(main):030:1> a.push('bar')
irb(main):031:1> end
=> nil

irb(main):036:0> def t_f3( a )
irb(main):037:1> b=a
irb(main):038:1> b.push('t_f3')
irb(main):039:1> end
=> nil
  もっとよむ
posted by もふもふ at 13:30 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

Ruby/Cygwinでrdoc-dataのgemインストールがおかしいことの対処方法

※[ブックマーク]ボタンの中に delicious, reddit, digg, Google+(G+) のボタンもあります。

WindowsXPマシン上のCygwin環境のRubyの mechanize を、gemインストールで1.0.0 に更新したのだけど、ドキュメント関係が何かオカシイ。調べていた途中で、rdoc, rdoc-dataがインストールされていないことも、判明した。

で、例によってトラブったのだが、ググッたところどうも解説法が見つからないようなので、原因について調査を進めていった。最終的には、解決(rdocとrdoc-dataをインストールし、使用できるようにすること)にいたった。

原因はくだらないが知らなければ誰もが引っかかると思うので、ここに記す。


環境は
$ uname -srvmpio
CYGWIN_NT-5.1 1.7.7(0.230/5/3) 2010-08-31 09:58 i686 unknown unknown Cygwin
$ ruby --version
ruby 1.8.7 (2008-08-11 patchlevel 72) [i386-cygwin]
$ gem --version
1.3.7
である。


■忙しい人のために
解決手順は、以下の通りである:
  1. gemインストール(rdoc)
    gem install rdoc
  2. gemインストール(rdoc-data)
    gem install rdoc-data
  3. rdoc-data修正
    s/local\///
  4. 修正済みrdoc-dataの実行
    cp rdoc-data /usr/bin; rdoc-data --install
  5. gemインストールの確認
  6. rdocドキュメントの確認
もっとよむ
posted by もふもふ at 14:25 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ: 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トラックバックURLは,"Trackback(x)"のリンクを押すと表示されます.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。